都民から『山ふる』の愛称で親しまれている山のふるさと村は、秩父多摩甲斐国立公園内にある東京都の自然公園施設です。
都民から『山ふる』の愛称で親しまれている山のふるさと村は、秩父多摩甲斐国立公園内にある東京都の自然公園施設です。

ビジターセンター

ビジターセンターとは

ビジターセンターとは、国立公園や国定公園、一部の都市公園などにある自然情報の提供や公園の利用案内を行っている施設のことです。
インタープリターと呼ばれる専門職員が常駐しており、自然情報や施設案内、周辺案内などを好きな時に聞くことができます。
くつろげる館内には、園内及び周辺の自然・人文を紹介した展示の他、各種パンフレット・資料もそろっています。
また、「自然体験プログラム」も随時実施しており、自然公園施設における利用者サービスの拠点となっています。
ビジターセンター
ビジターセンター
この画像は上下左右360度向きを変えられます。マウス(スマートフォン等の場合は指)で操作できます。

インタープリターとは

インタープリター(Interpreter)は通訳者という意味の英語ですが、ビジターセンターにいるインタープリターは自然と人との橋渡し役。
ある場所、その場の自然が発するメッセージをわかりやすく皆さんに伝える専門家です。
皆さんが身の周りの自然とお近づきになるきっかけづくりをしています。
詳しく知りたい方は、インタープリテーション協会のサイトをご覧ください。

活動内容

インタープリターは山のふるさと村周辺の自然や人文に関する素材を自ら調査し、それらを来訪者の皆さんの興味や関心、依頼者のねらいに沿って「自然体験プログラム」や「展示」などという形で、わかりやすくみなさんにお伝えしています。
そして、単なる自然の情報・知識の伝達にとどまらず、それらのつながりや意味を皆さんにお伝えすることを目標にしています。

大切にしていること

参加者の方に自然体験プログラムを提供するときに、まず「楽しく」「互いに(共に)」「体験から」という3つの学びのスタイルを大切にしています。
そして、指導役として教えるという形だけではなく、援助役として参加者が潜在的に持っている感覚や能力を引き出す手助けをする関わり方を意識しています。
皆さんがそれぞれの方法で自然とふれあい、自然と人との関係について考え行動できるようになるお手伝いができれば…と考えています。

シーズナル・レンジャーとは

シーズナルレンジャーは将来インタープリターを目指してトレーニングを受け、実地研修をしているスタッフです。
夏はたくさんのスタッフが皆さまをお待ちしています。
現在ビジターセンターで活動しているインタープリター(レンジャー)も、かつて、シーズナル・レンジャーとしてトレーニングを受け、実地研修を積んで現在の常勤スタッフとして活動しています。
ビジターセンター
自然体験・資料請求
Tel: 0428-86-2551
Fax: 0428-86-2316
キャンプ場サービスセンター
宿泊予約・BBQ・送迎バス
Tel: 0428-86-2324
Fax: 0428-86-2554
クラフトセンター
クラフト体験
Tel: 0428-86-2556
Fax: 0428-86-2553
東京都立奥多摩湖畔公園 山のふるさと村
〒198-0225 東京都西多摩郡奥多摩町川野1740
yamafuru@hkr.ne.jp
開園時間と休園日
開園時間:午前9:00~午後5:00
各施設は16:30に閉館します。
休園日:年末年始(12/29~1/3)
奥多摩周遊道路通行時間
開門9:00~閉門18:00
山のふるさと村は午前9:00に開園します。
top of page